脇の黒ずみ

今回は脇の黒いブツブツの原因について、見ていきたいと思います。

脇に黒いブツブツができて嬉しい人はいませんし、深刻に悩まれている方も多いことでしょうからね。「脇の見える服が着られない!」と嘆いている方も多々いらっしゃることと思います。

ですが、ご安心ください。当記事では原因だけではなく対策法についても触れています。ぜひ、ご参考になさってください。

脇に黒いブツブツができる原因

脇に黒いブツブツができる最大の原因は誤った脇毛の処理にあります。無造作に毛抜きで抜いたり、適当にカミソリで処理したりと言った、普段の脇毛のケアが黒いブツブツの原因なのですね。

と言うのは、脇の下と言うのはあまり皮膚が強い部分ではありませんから、乱暴なムダ毛処理を行うと簡単に傷んでしまいます。結果、傷んだ箇所に細菌が入り込むなどして、黒いブツブツとなってしまうわけです。

心当たりのある方は沢山いらっしゃるかもしれませんね。では、どうすれば良いのか?

脇に黒いブツブツができるのを防ぐための対策法

脇に黒いブツブツができるのを防ぐためには、脇毛を処理する際にひと手間加えることが必要となります。

具体的には、カミソリなどで剃る前に脇の下を温めることです。温めたタオルを数分充てる方法が良いでしょう。

そして、丁寧に専用のクリームを塗りこみ摩擦が生じないようにし、かつ毛を剃る時は毛が生えている方向に向かってカミソリを動かします。逆剃りは、残った毛だけに行うようにしましょう。

脇の黒いブツブツを防ぐための対策法の根拠について

前項で示した脇の黒いブツブツ対策の根拠についても触れておきたいと思います。

まず、脇の下を温めることで毛穴を開かせることができます。毛穴が開く前にカミソリを入れると、当然ですが、毛だけではなく周囲の皮膚も傷つけてしまいます。ゆえに、事前に温めることが肝要なのです。

ムダ毛処理用の専用クリームについては、摩擦を減らすことが目的です。強い摩擦が生じれば、当然ですが皮膚が傷つきます。それを防ぐのが専用クリームを使用する目的です。

剃る方向については、毛根にダメージを与えない為です。皮膚にできる限り負荷を与えない剃り方をすることで、ダメージを最小限にするわけですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。脇の黒いブツブツの原因と対策法についてはご理解頂けましたでしょうか。

基本的には乱暴なムダ毛処理が原因と言うことです。ですので、できる限り丁寧な処理を行うことをお勧め致します。

温めて剃る、専用のクリームを使う、そして毛の生えている方向に剃る、これを心掛けることです。そうすれば、脇の黒いブツブツの問題も解決に向かうことでしょう。